スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPWW2 : The British Are Here (2)

〈8ターン~9ターン〉
突出地点(画像)がこっぴどく砲撃と射撃を受ける。塹壕化されているので人的被害は無いとはいえ、敵が近くにいる状態で抑圧が上昇するのは非常に不味い。
左翼の敵部隊は潰乱状態で、人員、数ともに増援が来ない限りは気にする必要は無いだろう。

右翼~中央の敵兵が沼を越えて河を渡ろうとしている。右翼陣地の歩兵部隊も射撃を開始し、沼に足を取られた敵兵は次々と打ち倒されていく。右翼方面の沼地では、更に彼らが後退する時に焚いた煙幕のお陰で、反対側に存在している敵兵からの射撃は受けない。バンカーやスナイパーの射撃で潰乱状態となっているため、反撃を受ける事もなく、まるで鴨打ちの様に敵兵を打ち倒していた。

中央方面のバンカーの近くにある塹壕には擲弾筒装備の重装歩兵分隊が陣取っており、そこから橋の手前まで到達した部隊に対して激しい射撃を加えていた。

TBAH9.jpg

地形の問題もあるのか、他所に比べれば命中率は低いのだが、それを擲弾筒の抑圧上昇力でカバーしている。
砲撃の効果が大きいのか、左翼よりの中央方面では敵兵が沼地に足を踏み入れる様子が見られない。それだけ抑圧が上昇しているのか、それとも前衛陣地が沼地を移動する敵兵を捉えられていないだけなのか。ここでは右翼方面とは違い、沼地から河への距離がかなり短い。それに頻繁に砲撃を受ける前哨陣地と最も左に位置しているのバンカーが主な火点となり、橋の手前や右翼沼地と比べると火点が交差する位置が少ない。そこも気になるところである。

とは思ったものの、何故かこの後左翼奥の重機関銃に大量の砲撃を浴びせてくる。もちろん2ターンほど行動不能になったものの、その他の陣地には全く被害が及ばず。
重装備ではない通常の歩兵部隊も順次射撃を開始し、殆どの部隊は沼地地帯に足を踏み入れることすら叶わず。
中央橋手前までしばしば敵が襲来する事もあったものの、それらも撃退し、バンカーの射撃で殆どの敵部隊は潰乱状態に。
後は抵抗を受けること無く掃討しゲームセット。

TBAH Res

300名程の死傷者を出させて勝利。
全体的に地味なシナリオという印象。東部戦線の圧倒的な物量で攻め立てるシナリオが多いからかもしれないが、それを差し引いても地味という印象が拭えない。とはいっても戦車とかが来られても困るのですが。
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://saaschaser.blog56.fc2.com/tb.php/321-103d3d67
 

プロフィール

 

saaschaser

Author:saaschaser
since 2009/1/29
時間とか自分の知識不足のため移転は中止。
ちょうどTwitterなどでは書ききれない長文とかもぼちぼち出てきたため、とりあえずこちらを復旧させることとする。

 

カテゴリー

 

 

カウンター

 

 

最新記事

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。