スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Civilization5 : お前は 何も 見なかった(1)

バーバーイェッツイェッツイェービングーリンイェッツイェッツ(以下略

2011-11-27_00003.jpg


本日のセールでついに念願のCiv5を入手したぞ!
話は聞いていたが、本当に公式で日本語化されているとは。
ゲームオブザイヤーエディションに入っていないDLC二つを付けても22ドル程度。間違いなくお値打ち価格であろう。

チュートリアルもそれなりに親切で、ゲーム内辞書にいつでもアクセスできるようになっているのでわからない事があっても大丈夫である。

2011-11-27_00002.jpg


だが、気がついたら4時間くらいやっていたという緊急事態。
なんでこんなに時間が飛んでいるのか、全く訳がわからない。似たような系列だとHoi2もあるが、あちらはRTSに近い部分があるのでだらだらと時間が過ぎていくといった感じなのだが、こちらはターン制にも関わらずズルズルと続けてしまう。時間泥棒なんてレベルではない。
予想を遥かに超えた恐ろしい代物であることに今更気がつく。
気を付けないとだらだらとゲームを続けてしまう自分と相性が悪すぎる(逆に良すぎる?)。

これは危険過ぎる。
という訳でお正月くらいまで封印することに。
スポンサーサイト

Torchilght :殴って倒してサヨウナラ(6)

ArlicとOrdrak撃破。本当に殴って倒しただけだった。デストロイヤーが殴って倒すクラスだと言ってしまえばそれまでではあるのだが…
Ordrakを倒すにはなんかの仕掛けを作動させなくてはならなかったり、倒した後に第二形態になるとか、実は可愛い女の子だったりとか、そんな事は無かった。でもアイテムをいっぱいくれたので許した。


画像だと互いのオーラが眩しすぎて何が起こっているのかさっぱり分からねえ。

2011-11-23_00002.jpg



という訳でTorchlightクリアー!
ここまで30時間かかっておりますが、まだまだ遊びつくしたとはとても言いがたいです。深い。深いぞ。
少なくとも後二人分のクラスくらいは遊べそうではあるし、それをクリアしたらその後には大量のクラスmodもあるので遊ぼうと思ったらどこまでも遊べそうだ。
日本語化Modもあったので更に楽しむことが出来ました。製作者に感謝感謝。

一応クリア後のダンジョンの50階層くらいまでに潜ったらキャラクターを引退させて二人目に行こうかと考え中。次のキャラではスピードランに挑戦してみようかな。

Hardでこのくらいの難易度だったから、一番上の難易度はどんな物なんだろか。最初の頃は結構死んでいたが、回復スキルと防御スキルに振ってポーションがぶ飲み戦法に切り替えたらあんまり死ぬことも少なくなっていったからなー。

続きはネタバレを含むので折りたたみ。

Torchilght :エラー落ちしたりするけど私は元気です(5)

2011-11-22_00003.jpg

ついにレベル40に到達。メインダンジョンの敵はレベル20後半なのでどれだけ無駄にレベルを上げてきたのかがよくわかる。

メインストーリーの方では、なんか怪しげな施設に捕まっていたSylさんを救出したらSylさんにお願いされてArlicを倒しに行くことに。SylさんはBrinkさんみたいになるのかと思っていたらそうでは無かった。
Alricの上にはOrdrakとかいうEmberを通して悪い力を送っているなんか強そうなのがいるらしい。だが結局は殴り倒すだけなので何の意味もないのである。
OrdrakがEmberを通してAlricを操っているとしたならば、今まで倒してきたボス敵はパシリのパシリとかそんなもんであったという事なのだろうか。

さて、メインダンジョンを潜ってDarkParaceまで来たが、ここの敵は嫌らしい敵が多い。雑魚を召喚して足止めしている隙に追尾型・不可避の魔法弾を撃ってくるのや、火炎放射でとんでもないダメージを出してくるのやら、そんなのがワンサカ出てくる。敵の数も今までで最多では無いだろうか。敵のデザインも禍々しい物が増え、ここまで来ると大詰めだなーという気分になる。

今まではポーションを使わずとも回復魔法で何とか回復が追っ付いていたが、チャンピオンモンスターとの戦闘となるとポーションをがぶ飲みしないとあっという間にあの世行きとなってしまう厳しい展開。
特に前述の魔法攻撃や火炎放射が半端ないダメージで一瞬にして灰になる事が多々ある。そこで、今まであまり気にせずに来た属性防御やらに気を使ってみようかと思い防御系のスキルに振っていく事に。殴る方はそれなりに強いスキルが使えるようになったので大丈夫だろう。

そんな激戦の中、雑魚がドロップしたジェムがこれ。

2011-11-22_00002.jpg

ランダムドロップのはずだが、能力的には今までのジェムの中で最高クラス。必死こいて合成してランクを上げていたのはなんだったのだろうか。

今日の戦利品

2011-11-22_00001.jpg


もはや全く分けのわからない数値がズラズラと並ぶ。これがセット品… 化物としか言いようがないこの品はギャンブルでゲット。防御値が二倍になったが、この大量の属性強化を活かすための武器には属性は付いていないので宝の持ち腐れ。という訳で今度はレア武器をゲットするためにランダムダンジョンとギャンブル漬けの日々を過ごしている。クリアするのはいったいいつになるのだろうか。一回クリアしてしまった方が良いような気がしてきたぞ!

Torchilght :メインクエストそっちのけでひたすら潜る(4)

Sylさんが誘拐されましたがメインダンジョンそっちのけで、アイテムのスクロールから入ることが出来るダンジョンに潜りまくり。偶に良いアイテムやセット品が出てウハウハなんですよねこれが…

2011-11-19_00001.jpg

ゴールド部屋も嬉しい。集めるのは面倒臭いけど、こう小銭が散乱してるとなんだか得した気分に。

この手のランダムダンジョンはメインダンジョンの外見を流用してるのが少し残念。
後、ポーションと巻物の所持本数を200本に。がぶ飲みするので20本縛りだとインベントリを圧迫してやってけねえんすよ… Xbox版だと最初からこの仕様+インベントリが50個と聞いたので罪悪感は無いです。

日本語化MODを適用してると、http://www.runicgamesfansite.com/downloads.php?do=file&id=662
これを落としてそのままMODフォルダに入れても適用されない。そこで、この中身を日本語化Modの中の同名ファイルに上書きすればスタック数の変更が可能。お試しあれ。

釣りもちょくちょくやっている。ペットを街にお使いに出している時とかにやっていると結構良いものが釣れたりする。ブーツが釣れた時には驚いた。
そしてこんなもんも出ました。寿司グレード魚肉… これが釣りで手に入る回復アイテムとしては最上級のものなのかな?

2011-11-19_00004.jpg


とりあえず5枚買って全部クリアし終えたので、今度はHutchさんのダンジョンに数回潜ろうかと思います。ますます遠ざかっていくメインダンジョン。放置プレイのSylさんの運命やいかに。

2011-11-19_00006.jpg


ジェムも揃ってきてウハウハ。合成で一つ一つランクを上げていくのが地味に楽しいです。同種のジェムを合成して次のランクにしていくというシステムなので、最高クラスにするにはとんでもない数のジェムが必要に。結構上位のジェムをチャンピオンモンスターが落とすこともあるのでそこまで辛くはないだろうが。
つかんだ時に出るチリンという音もなんだか気持ちいい。
あんまりランクを上げてしまうと今度は勿体無くなってしまって使うことができないという弊害が発生。次のキャラの為に取っておこうかな。

2011-11-19_00005.jpg

本日の収穫はこれだ。

2011-11-19_00007.jpg

セット品ながらもそれなりに高い防御力とHP吸収96が嬉しい。現在のHPが3000近くなので、30回くらい殴れば全回復する計算である。これを活かすためにも、次の武器はできるだけ振りの早い物にしたい所。
このシリーズで揃えるとどの位攻撃が早くなるのだろうか…

ゲームの楽しさとは何ぞや?

ここしばらくの間モヤモヤとしていた事を文章にしてみる。

作業臭がするハック&スラッシュは良くない、とする主張を見かけてふと思った。自分はこのジャンルのどこに楽しさを覚えているのだろうか、と。

・ハック&スラッシュの楽しさとは

ハック&スラッシュを例に取って考えてみれば、自分が一番楽しさを覚えている部分はアイテム収集の部分であり、戦闘は二の次だ(もちろんゲームのプレイ時間の大半を占める行為なので、二の次とはいえ重要である)。敵が大量に落としたアイテムを選別し装備をより良くしていくという点に快楽を覚えている。だとすれば、そのアイテムを取得するという過程が退屈かつ冗長であるとするならば、それは楽しくない、という事になる。
アイテムの取得過程が冗長というのは、ドロップ率が低かったり、インベントリの数が少ないので街を行ったり来たりしなければならなかったりすることだと思う。ゲームの基礎部分だけでなく、それ以外のゲームデザインも良くなければ楽しさに繋がらないどころか楽しさを少なくしてしまう、という事になるわけだ。ゲームの根幹部分の楽しさをゲームデザインが阻害してしまうのは最悪だ。だからこそ、マルチタイトルの弊害としてパッドに最適化されたUI等が嫌われるのかな、とも思った。

次に、レベルが上がった時にスキルポイントやステータスポイントを振り分けて自キャラを強化していくことも好きだ。
これも、レベルが上がるまでに必要な経験値が異常であったり、死んでしまったらキャラロスト、というのはあんまり好きではない。経験値の取得数は擁護しようがないが、キャラロストというのはゲームの緊張感を高める一種のエッセンスであることは否定できない。
ここも開発側のバランス感覚の見せ所だ。

これらは普通のRPGでも出来る行為ではあるが、Diabloライクとも言われるクォータービューのあのタイプのゲームだと自分の好きな要素を高速に、かつ数多く達成することができるからこそ、このジャンルのゲームをプレイすることに自分は快楽を覚えているのだ、と言える。
ハック&スラッシュの根底を形成している部分と自分の好みが合致したからこそ、自分はこのジャンルが好きになったのだろう。そして、MMORPGをどうしても好きになることができないのはこの自分が快楽を覚える要素を簡単に達成できないからではないか、という結論が出た。

もちろんこれは自分が楽しいと感じている部分であり、他人も自分が好きなポイントを好きだとは限らない。けれども、自分の好きなゲームの形をキチンと持っていれば、他人と自分の好みの違いをハッキリと理解することが出来る。ここで間違えてはならないのは自分の理想の形が他人にとっても理想の形とは限らない事だ。相手と自分の好みが違っていたとしても、それを責めるのは間違っていると自分は思う。


・根本的な問題として、何故ゲームをやるのか

ハック&スラッシュの楽しさを考えているうちに、何故自分はゲームをやるんだろうとふと思う。
そりゃあもちろん面白いからであるが、その"面白い"とはどんな"面白い"なんだろうか。ゲーム以外の面白さとゲームの面白さの違いは?これらを上手く説明できるようになれば、好きなゲームの事を上手く伝えられるようになるのだろうな、と思う。
そしてこの問いにはまだ上手い答えが浮かばない。
好きなゲームはその面白さを上手く他人に伝えたいし、それを通して他人がそのゲームを好きになってくれたら嬉しい。だからこそ、いい伝え方を見つけていかなくてはいけないんじゃないだろうか。ただ、それをうまく言葉にするにはまだまだいろんな経験が足りない。


・まとめ

どんなゲームが好きか、という話をする時には自分はゲームのどんな所に楽しさを覚えているのか、という視点を持っていないと上手く好きなゲームの楽しさを伝えることが出来ないなー、と思った。という訳でこれからは各記事には何が面白かったのかという事を上手いこと書いていこう、という意思表示をして結びとする。

Call of Duty Modern Warfare 3 : ファースト・インプレッション (1)

最初は買う気が全くなかったMW3だが、GamesPlanetで期間限定のクーポンを使用すれば33パーセント引き、つまりは3300円程度で買えることを知り土壇場で購入。MW2は未プレイ。
BOのマルチが面白かったのと、身内でCoopをプレイする為に買った。よってシングルには殆ど興味が無かった事を付け加えておく。

シングルはBlack Tuesdayをクリア、マルチはランクが40前後でプレイ時間はシングルが2.1時間、マルチが9.2時間。どちらもSteamで計測した。

・変わらない良さと欠点
まずシングルからだが、演出は流石にド派手。ロシア軍が侵略してきたニューヨークを奪還するため、通信を妨害している装置を破壊しに証券取引所の屋上へ行くのだが、いきなり乗り物に乗らされたりプレデターミサイルを撃ったりとかなり忙しいミッションである。BO、WaWの時にも思ったが、いきなりこんな所に放り込まれる初心者はどうなるのだろうか。チュートリアルも新兵訓練という形で上手いことゲーム内で浮かない様に組み込まれていると思っていたのだが。
ナンバリングタイトルの宿命として、新鮮味が薄れていくという点があるが、MW3もその例に漏れていない。MW2を抜かしても、映像面やゲーム性に4から大きな革新が見られないし、プレイ感も大して変わらない。だからこそ安心する気持ちもあるが、がっかりする気持ちもある。
だが、マンネリを打破するという所までは行かないものの、シチュエーションが素敵だ。破壊されつくしたニューヨークの路上や宝石店や証券取引所で戦い、ビルとビルの間をヘリコプターで飛び回る。そんな映画的な体験を出来る嬉しさ。そしてそれを台無しにしているプレイ感。

・マンネリを通り越して退屈なゲーム内容
映像面は派手なのだが、ゲームのプレイ感がそれに追いついていないというのが感想だ。
銃は相変わらずおもちゃのような銃声や挙動をし、撃たれた敵はさほど痛そうにせず拳銃で反撃してくる。
ゴア表現を強くしろ、と言っているのではなく、撃たれたならばそれらしいアクションを起こしてくれると嬉しいものだ。
マップも一本道なので、先に進む→遮蔽物のある場所で戦う→先に進む→遮蔽物のある場所で戦うという無限ループ。それ以上の内容を出せないからこそ、ひたすら戦闘戦闘戦闘の連続になっているのだろう。だが途中で飽きそうだ。
敵のAIの出来は撃って隠れてたまに手榴弾を投げたり移動したりとそれなり。
映像自体は派手なのだが、ゲームのプレイ感がどうも浮いてしまっているような気がする、というまとめ。

・やっぱりいつも通りのマルチ
フリーウィークエンド時にMW2のマルチをプレイしたが、それとプレイ感はほとんど変わりない。どうやらアキンボが強い点も同じらしい。MW2の発展型というよりは小改良版と言った方がよさそうな気がする。
このシリーズにおっちゃんいつもの!的なマルチ以外を期待するのは酷だ。



文句はあるけども、シングルは2週は楽しめそう。ただそれ以上はやらないと思う。マルチはバランス次第だが、デディケイデット鯖の存在のお陰でしばらくはプレイできるだろう。
続編じゃなくて拡張パックとして出したなら文句も出なかったような気がしなくもない。

Torchilght :もっと深く、もっと遠くへ (3)

2011-11-06_00001.jpg

なんかいい感じに吹っ飛んでこうなった。

初回プレイの途中だがMODを突っ込む。
とりあえずMore StashPowerful Gems、それとBetter Balanced Sale Prices

を突っ込んで少しは快適に。

More Stashは19個のStash(倉庫)を追加するというMOD。Torchlightの街中がStashだらけになる。下の墓場やらHutchの方にも追加されるので利便性は悪いかもしれない。
手元にあるStashが2つとも満杯になりそうなので導入。こういうのは公式で対応して欲しい。似たようなものにTQVaultなんてのもありましたね。

Powerful GemsはGemの強化倍率をパーセントにする。初期状態だと使い勝手が悪かったのでこれで解決。

Better Balanced Sale Pricesはアイテムの売却価格の上昇。初期状態では雀の涙程度の額しか入らないのでこれは最初から入れておいたほうが良い。


今回の戦利品はコイツだ。
2011-11-06_00003.jpg

ユニークではなくセット品。追加効果も微妙だけど火力高め。
そろそろシールドのユニークが欲しいところ。

自分のクラスでは装備できないユニークがポンポン出るのは仕様ですかね…

Torchilght : 寝ても覚めてもトレジャーハント (2)

2011-11-01_00001.jpg
2011-11-01_00002.jpg

本編ダンジョンは17階層まで到達。
かなり強めのユニークを二つ入手。特に肩防具のステータスがスゴイ。ココら辺だとレアでも防御値は20くらいが精々なのにその二倍である。

2011-11-01_00005.jpg
2011-11-01_00007.jpg
2011-11-01_00006.jpg


Slash Attack Lv1
こんなんもう使わないですよ。

Dual Wielding Lv1
なんでこんな物を取ったんだろう。

Chain Vortex Lv2
一定範囲の敵をスタンさせる。
強い。これとDooomquakeのコンボで敵に囲まれても安心。2までレベルを上げればスタン時間が4秒になるのでとりあえず上げておいて損はない。

Soul Rend Lv2
レベル2まで上げたけど使わない。んー

Martial Weapons Expertise Lv6
黙って武器の攻撃力が上昇するのでMAXにする。

Dooomquake Lv1
Titan Stompよりも射程に勝る。Chain Vortexと組み合わせればTitan Stompは要らないかも。

Frost Shield Lv2
物理・魔法のダメージ軽減と攻撃してきた敵を凍結させる。突っ込んでいく戦闘スタイルのデストロイヤーには必須スキルかも。

Shadow Armor Lv5
火力の底上げとブロック率上昇が素敵。逆に言うとそれ以外に価値はない。

Armor Expertise Lv6
防御値の底上げと必要ステータスの下降。これがないと装備できない防具も多いので極力振る。


そろそろ敵の火力も高くなってきたので範囲系・スタン系・防御系のスキルを上げている。Frost Shieldが中々便利だけども、レベルを上げても効果時間は増えなさそうなのでここからレベルを上げるかどうか迷うところ。
 

プロフィール

 

Author:saaschaser
since 2009/1/29
時間とか自分の知識不足のため移転は中止。
ちょうどTwitterなどでは書ききれない長文とかもぼちぼち出てきたため、とりあえずこちらを復旧させることとする。

 

カテゴリー

 

 

カウンター

 

 

最新記事

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新コメント

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。